どこまでできる?スマホ修理の内容について

防水加工してても起きる!水没復旧

多くのスマートフォンは防水加工されているので、ある程度の水没には耐えられるようになっています。ですが画面が割れてしまっていたり本体がゆがんでしまっているとそこから水が入ってしまうので、防水加工していても水没によって故障してしまうケースは多いです。

そのため水没して電源が入らなくなったスマートフォンは水没復旧修理をしてもらう必要があり、水の成分や水没してからの日にちによって修理にかかる時間や料金が異なります。

思った以上に困る!スピーカー交換修理

スマートフォンのスピーカーには色々な機能があり、故障してしまうと音楽が聴けなくなってしまうのが主な症状です。実はスピーカーの故障の症状はそれだけではなく、通話している相手の声が聞こえなくなってしまったり変な電子音や雑音が入る、音が割れてしまうなど地味に厄介な症状も多いとされています。

これらのスピーカーの故障は交換することで修理が出来るようになっているので、早めに対応するのがおすすめです。

割れたままの状態は危険!ガラス交換修理

スマートフォンを誤って落として画面を割ってしまった人は少なくないのですが、中にはそのまま放置して私用を続ける人もいるようです。スマートフォンのガラスが割れたまま放置してしまうと、タッチ操作に反応しなくなってしまうだけではなくガラスの破片が徐々に落ちてしまうので怪我をしてしまう危険性があります。

そのためスマートフォンを落として画面のガラスが割れてしまった場合は、すぐに交換修理をしてもらうのが大切です。状態によっては即日修理が完了するものもあるので、手軽にお願いしやすい修理のひとつとなっています。

スマホ修理も簡単な修理は技術がさほど必要ないことと、スマホの普及率が増えたため請け負う場所が増えて、様々な場所でやって貰うことができます。