二種類の方法を盛り込もう!新人研修は目的に応じた方法選びが大切

新人研修の二つの目的

新人研修を行う上で重要なのが目的を明確にして内容を区分することです。新人研修は大まかには二つの目的に分けることができるでしょう。一つは社会人としてこの企業で働く上での考え方を身につけさせるためのものです。もう一つは個々の社員が従事する仕事内容に応じて基礎となる知識や技術を体得させるためのものになります。この二つを区分して実施している企業も多くなっていますが、ただ分けるだけでは意味がありません。研修の実施方法もよく考えなければ分けた意味が半減してしまいます。目的によって最適な研修の実施方法が異なるので、それぞれについて効率的で効果が上がりやすい方法を選ぶことが必須です。

目的に応じた方法を選ぶのが大切

社会人としての基本を学ばせるための研修では講義と効果測定を組み合わせるのが効果的です。代表取締役社長やその他の重鎮が講義をすることで企業としての経営理念を理解させるのは重要な方法であり、企業に従属する立場として何を理解しているべきかを教えるには最も効果的と言えます。また、社会的な作法についても具体例を通じて学んでもらうのがわかりやすく、ケーススタディを交えたプレゼンテーションをすれば様々なケースに対応できるようになるでしょう。その効果測定を行えば理解度もわかり、さらに教育が必要かどうかがわかります。一方、仕事の基礎を学ぶには実践的な方法が効果的であり、講義形式の研修はあまり向いていません。ディスカッションを通して学ぶ機会を与えるのが効果的な方法です。

社員研修とは社会人に必要とされる最低限のスキルを習得させることを目的とする、新人社員のための教育のことです。