特定の技術を持っている人を利用できる

システム開発を行う会社では、まず自社内に一定の能力を持ったエンジニアを持っています。ベテランから中堅、若手など様々なエンジニアを持っているところもあるでしょう。しかし会社によっては技術者の配分にばらつきがあるかもしれません。となると技術者の能力にばらつきができ、システム開発がうまく行えなかったり効率的に行えなくなるときがあります。その時にビジネスサポートそして外部からシステム開発のエンジニアの派遣をしてもらいます。特定の技術を持った人に来てもらえるので、自社に足りない技術者を一時的に補えます。高度な技術を持っている人はどうしても人件費が高くなりますが、一時的に来てもらうだけならその時だけしかコスト負担が蚊かかりません。

開発を急ぐときに技術者の数を増やせる

同じような商品を販売している会社が他社にあるとき、その会社よりも発売が遅れれば当然市場でのシェアに影響が出ます。できれば競合相手よりも先に販売をしたいですし、遅れたとしてもあまり遅くなり過ぎないようにしたいでしょう。ソフトウェアの開発をする会社には一定の数のエンジニアがいますが、人数が足りなければ開発スピードもあまり速くなりません。そこで技術者を派遣してくれる会社から技術者を派遣してもらって、開発スピードを上げるようにします。ソフトウェアの開発は自動的に行われるのではなく、人が一つ一つプログラムを記述して作成します。人海戦術的な対応が必要になるときがあります。一時的に投入をして、開発できれば元の人員のみで運営を行います。

ECサイトの構築とは、インターネットで利用する商品のオンラインショップなどに必要な管理システム開発のことです。