体調管理も仕事のうち?そういい切るのは危険ですよ!

情報化社会と呼ばれて久しい日本ですが、労働環境はますます複雑高度化しており、さらに高齢化も相まってますます働きにくくなっています。若い世代が減ってしまい、あと5年後には超高齢化社会が来るなんてニュースも、気を重くさせますよね。さてそんなストレスフルな社会ですが、ストレスを感じずに生きるなんてことは誰にも出来ません。うまくかわしながら、うまく付き合いながら生きていかなくてはならないのです。さて、ではそもそもストレスってどうやって測ればいいのでしょう?

甘えでも逃げでもない!正しく知ろう!

特に日本では我慢することが美徳・偉いという価値観が蔓延しています。このため逃げることもできず、他人に助けを求めることも出来ず、自滅してしまってはだらしがないやる気がないと追い詰められる始末です。ただし、人によって感じが方が違うとはいえ、ストレスの度合いをきちんと測ることは出来るのです。それがストレスチェックシステムです。これにはいろいろな種類がありますが、最近ではインターネットさえあればどこでも受検できるタイプのものが多く、導入している企業も増えてきています。無料でダウンロードできるものもありますよ。ストレスチェックシステムの目的は、職場内のメンタルヘルスを病んでいる人をあぶりだすことではありません。ストレスの原因となりうる要因を自分で見つけ出し、自分では気がつかなかったポイントやそれについての解決方法についての気付きを得ることが目的です。さあ、ストレスチェック、してみませんか?

ストレスチェックシステムとは、改正労働安全衛生法に基づいたストレスチェック制度に対応しているシステムです。企業に代わってストレスチェックを実施し、結果を分析・管理してくれます。