サービスが停止されるとデータを読めなくなってしまう

電子書籍を販売しているオンラインショップは非常に数が多いです。セールやクーポンを利用する場合を除き、基本的にどのショップで購入しても同じ本であれば値段も同じですが、だからといってどこで買っても同じということにはなりません。なぜかというと、電子書籍を購入するというのは、データを完全に自分のものにできるということではなく、購入先のショップからデータを読める権利を買ったということだからです。そのため、もし購入先のオンラインショップが電子書籍サービスをやめてしまうと、読める権利を失ってしまうので、ほかのショップで再び同じ電子書籍を購入しなければなりません。実際、電子書籍サービスを停止したところは多く、そのたびに混乱が起きています。そういった混乱に巻き込まれないようにするためにも、購入先は慎重に決めるようにしましょう。

シェアが上の方の会社ほど安全

では、どういったショップであれば電子書籍を購入しても半永久的に読める可能性が高いといえるのでしょうか。まず、一番のポイントは電子書籍サービスとしてのシェアが大きいということになるでしょう。当然、シェアトップのショップであればそれだけ電子書籍で利益を上げていることになるので、サービス停止になりにくいといえるからです。逆に会社自体は大きくても、電子書籍サービスのシェアはあまり大きくないというところは要注意といえます。利益が上がらなければ会社としてサービスを存続させる意味がないので、早々に停止しても不思議ではありません。

電子書籍を日常的に利用して紙書籍を買わない生活をしていると、どんなに大量の作品を買っても引越しの際に書籍の運搬が必要なくて引越しが楽になります。