テクノロジーを使ったマーケティング手法

かつてマーケティングといえば人手をかけて情報を分析し、なるべく有効な販売戦略を計画・立案して実行に移すというのが主流でした。しかし、現在では技術の進歩が進んでおり、必要な情報はビッグデータとして無限大に存在するようになっていることから、もはや人間の頭脳だけで全てを分析することは困難な状況になりつつあります。そこで、そのような事態を受けて、より効率的にかつなるべくマーケティングを自動化するようにということで開発されたのがマーケティングオートメーションという概念です。マーケティングオートメーションとは、メールやウェブサイトの訪問者の分析、またキャンペーンやレポートの管理などをすべて一つのソフトウェア上で行ってしまおうというものです。

マーケティングオートメーションの使い方

このソフトウェアを使うことによって、データベンダーが有する顧客に関する情報を様々な観点から分析することが可能となります。例えば、ターゲットとする顧客カテゴリーの行動様式を分析することによって、どのような場所に広告を掲載すれば見てもらえる可能性が高くなるかが分かったり、どのくらいの価格設定であれば顧客の購買意欲が高まるのかということもより詳細に分かるようになるでしょう。そのため、分析結果を受けてそれに対応するマーケティング戦略を採ることができれば、以前と同じコストをかけたとしてもより大きなリターンを得ることが可能となるはずです。他社に先駆けてマーケティングオートメーションを取り入れることができれば厳しいビジネスにおいて優位に立つことができることでしょう。

企業はこれまで人手を使ってマーケティングをしていましたが、複雑化するニーズに対応できなくなってきています。そこで自動化を実現するソフトウェアを使ってするのがマーケティングオートメーションです